食事法

食事の順番

食事をするときは何から食べたらいいか、おすすめの順番があるんです。

その順番とは、

水溶性食物繊維(主に野菜)→たんぱく質→炭水化物です。

 

この順番で食べる理由としては、血糖値の急上昇を抑えるためです。

炭水化物を空腹時に摂取すると血糖値が急上昇し、すい臓からインスリンが分泌されて脂肪が蓄えられやすくなってしまいます。

そのため、炭水化物を最後に食べるのがポイントです。

 

また、水溶性食物繊維を最初に摂っておくことで、炭水化物の消化・吸収を緩やかにし、血糖値の急上昇を抑えることができます。

水溶性食物繊維は主に野菜に多く含まれており、昆布やわかめ、山芋や里芋、ごぼう、きのこ、果物等に含まれています。

 

よく噛んで時間をかけて食べると食べ過ぎも抑えられるため、より効果的です!