【温活】ジンジャーティー


生姜紅茶って日本語ですと何となく馴染みがない感じですが
”ジンジャーティー”って聞くとピンとくるかたも多いと思います。

紅茶はカフェインを含むため体温を下げるのでは
と思われがちですが、製造過程で発酵しているため
体温を上げる効果があるといわれています。

また、朝に飲むことで代謝が上がり、集中力もアップ。
さらに、ショウガを入れて「ジンジャーティー」にすると、
体温を上げる効果とともに糖質を分解してくれる働きもあるので、
まさに朝にはピッタリの飲み物ですね。

自宅でも生姜の香りがする紅茶を簡単に作れます。
中でも、おすすめは乾燥生姜を使ったものです。

【乾燥生姜を使ったしょうが紅茶の作り方】

①市販されている乾燥生姜もしくは生の生姜を
2cm程度にスライスしたものをざるなどに並べて
1日天日に干して乾燥生姜を作ります。

②ティーポットに乾燥生姜のスライスを4~5枚と、
紅茶の茶葉をティースプーンで2杯入れてお湯を注ぎます。

③2~3分蒸らしてから、カップに注いでいただきます。
(甘さがほしいときには、砂糖や蜂蜜、黒砂糖等をお好みで)

乾燥させることによってショウガオールをたっぷりと含んでいます!
ぽっかぽかで参りましょう~♪

【温活】続 生姜のチカラ ~ショウガオール~


各地から初雪のニュースが聞かれるようになってきました。
いよいよ本格的な冬の到来ですね。

さて、身体を内側から温めるにも様々な方法がありますが、
その手軽さから何と言っても生姜を使ったものが良いですね。

と、いうことで続!生姜のチカラです。

ショウガオールはジンゲロールに熱を加えたり
乾燥させたりすることによりできる成分です。

生のしょうがにはそれほど多く含まれていないのですが、
加熱することによってショウガオールが増加します。

ショウガオールの温める効果は唐辛子のような即効性があるものではなく、
3時間から4時間かけてジワジワと温めます。
ですから、体温の低い朝にショウガオールを摂取すると
午前中のつらい冷えを和らげることができます。

このショウガオールは、

・殺菌作用によってがん細胞の増殖を抑える

・活性酸素の消去による突然変異を抑える

・中枢神経系の興奮を鎮める

・肥満の防止

と、良いことだらけ。
ちなみに1日の摂取量は2gから3gと言われています。

ショウガオールを増やすには、80度くらいで蒸すのが一番効果があります。
電子レンジなどチンしてもOK。

①みじん切りにした生姜を耐熱容器に入れ、浸るくらい水を加えてラップする。
②3~4分加熱(500Wなら約4分、750Wなら約3分)したら完成。

※温度が100度以上になると、ショウガオールの増え方が悪かったり、

風味を失ってしまいます。

朝食と共に摂取して午前中の冷えを乗り切りましょう!

【温活】 ~生姜のチカラ~

朝晩、ずいぶん寒くなってきました。

冷えてしまった体を温め、冷えを改善してくれる強力な温活のミカタ
唐辛子やニンニクと共に生姜はとっても身近で
色々な料理に使われていいますよね。

200種類以上の香り成分も含んでいて魚料理などの臭み取りでも
効果を発揮します。

そんな生姜の成分で有名なのが辛味成分の「ジンゲロール」
血行促進や発汗作用があり、体を温める効果があります。

また、殺菌・解毒や抗酸化作用もあり、かぜの予防にもよいです。

そんなジンゲロールを効率よく摂取するには細かく刻むかすりおろすのがベスト。
ホット・ジンジャーなどにすればさらに暖かいですよね。

上手に使ってポカポカライフのお伴に。