腸内環境, 食材, 免疫力, 温活

【温活】 ~生姜のチカラ~

朝晩、ずいぶん寒くなってきました。

冷えてしまった体を温め、冷えを改善してくれる強力な温活のミカタ
唐辛子やニンニクと共に生姜はとっても身近で
色々な料理に使われていいますよね。

200種類以上の香り成分も含んでいて魚料理などの臭み取りでも
効果を発揮します。

そんな生姜の成分で有名なのが辛味成分の「ジンゲロール」
血行促進や発汗作用があり、体を温める効果があります。

また、殺菌・解毒や抗酸化作用もあり、かぜの予防にもよいです。

そんなジンゲロールを効率よく摂取するには細かく刻むかすりおろすのがベスト。
ホット・ジンジャーなどにすればさらに暖かいですよね。

上手に使ってポカポカライフのお伴に。

腸内環境, 食材, 免疫力

体を温める ~温活~

最近、「温活」という言葉をよく聞くようになりました。

体を温めて健康的に過ごそうというムーブメントです。

衣服や入浴等、外側から物理的に体を温める事は少し横に置きまして、
ここでは、食べて体を中から温める事について考えてみたいと思います。

古来より体を温める食材として生姜や唐辛子が用いられてきました。

現代では、その食材が効率的に熱を生み出す基礎として
良質なタンパク質、ビタミンB1、B2、ナイアシンなどの栄養素を取って
しっかりと体を温めた上で、取ったエネルギーから生姜や唐辛子の成分で
効率的に熱を生み出すという考え方があります。

具体的には、豚肉や鶏肉などの低脂肪で高タンパクな食材を取り、
そのエネルギーを唐辛子に含まれるカプサイシンや生姜に含まれる
ショウガオールやジンゲロン等で熱を生み出して体を温めます。

冷え性の改善はさまざまな観点からとても重要ですね。

次回は、体を温める食材「生姜」を取り上げます。

免疫力

腎臓は寿命を決める

先日、NHKスペシャル「人体」を見ていてドキッとしました。

「おしっこ」をつくるのが仕事の、地味な臓器。それが腎臓の一般的な印象ではないでしょうか。ところが、そんなふだんあまり意識しない「腎臓」に、いま世界の研究者から熱い注目が集まっているって、知っていましたか?なんと腎臓は、あなたの寿命をも左右する、人体の「隠れた要」であることがわかってきたんです。
引用サイト
http://www.nhk.or.jp/kenko/special/jintai/sp_3.html

お酒を飲まれる方は、どうしても塩分を多くとりがちです。
クレアチニンの値は注意していきたいですね。