食材

トマト

今回はトマトについて取り上げたいと思います。

 

トマトの旬


一般的に、トマトは夏の野菜と言われています。
よく「夏野菜カレー」等にトマトが入っていますよね!
しかし、トマトは高温多湿な環境には弱いため、実は春や秋に一番おいしく食べることができるんです。

 

トマトに含まれる色素


トマトの赤い色素にはリコピンが含まれています。
リコピンは抗酸化作用が強いことで知られており、
体内の過剰な活性酸素を消去してくれます。

ところで、活性酸素って何でしょう?
よく耳にはしますが、何のことか分からないですよね。
厚生労働省のe-ヘルスネットに説明がありましたので引用します。

【活性酸素とは】

酸素の一部は不安定で、多くの物質と反応しやすい活性酸素に変化します。この活性酸素は細胞を傷つけ、老化・癌・動脈硬化・その他多くの疾患をもたらす重要な原因となります。そのため生物にはこの活性酸素の害を防御する抗酸化作用がそなわっています。この酸化ストレスと抗酸化作用のバランスが健康を守る鍵となります。一方で活性酸素はその細胞傷害ばかりに目が向けられがちですが、細胞内での情報伝達や代謝の調節、免疫など、さまざまな重要な生理的機能を有しています。

参照:e-ヘルスネット

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-04-003.html

 

リコピンの効果的な摂取のしかた


リコピンは油に溶けやすいため、オリーブオイルを使ってトマトソースを作るのもおすすめ。
また、牛乳の脂肪分によってもリコピンがよく吸収されますので、牛乳を一緒に飲むことも効果的です。

 

いかがだったでしょうか。
トマトは今が食べごろということですね。
色々な料理に使いやすい食材ですので、是非色々試してみて下さい!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中